睦月

f:id:kisd_6:20200119122116j:plain

3日早朝に発ち、地元札幌へ帰省。8日最終便で帰京。6日も仕事しないともう仕事行かなくていいのかなって気になる。ふわふわしたノンストレスな心ってこんな感じだったんだな、と。穏やかさが違った。

もうあんまり頑張る必要はないのかも。

誰かと比べてこんなに自分は頑張っているのに、と思うことが既にストレス。給料も上がらないし時間は取られるし余計な仕事ばかり引っ張ってくるし、なんの得もない。けれども、それを選んで今そこにいるのは自分なんだよな。選択肢はいくらでもあるのに、おかしいね。

でも今頑張っていることは本来頑張るべき事なのだろうか。自分が求めるラインはきっと他人と違う。裁量もセンスも異なる。仕事においては要件を満たし、上がそれでいいと判断するのであればそれでいい。わざわざ自分が疲弊するルートを辿る必要はないのだと思う。

良いものにするべくああした方がいい、こうした方がいいと試行錯誤を重ねる方が私は楽しいと思うタイプだけども、皆が皆そうではない。し、相手にとってはダサい提案かもしれない。めんどくさいと思うことで相手の士気を下げているのかも...。

こうなってくると、属するよりフリーの方が同じ熱量で仕事できる人を選んで仕事した方がいいね。自分がしたいように出来る仕事をやっている人ほど、今は輝いて見える。その大変さは今の自分では計り知れないけど、何故か楽しそうなの。 ほんと素敵。

https://www.amazon.co.jp/わたしをひらくしごと-野村美丘/dp/487758790X