被災

f:id:kisd_6:20090611191918j:plain

連日ニュースで報道されているように、北海道で地震。約30年生きてきた中で特に札幌では大きな地震は無かったように思う。私以外の家族や親族はほとんど札幌なので、ニュースを見た朝ゾッとしてして携帯を見るも連絡なし。連絡したらすぐ返ってきたけど本当にあの瞬間はあんな気持ちは真っ平だ。

連絡は来たが、道路陥没。家は停電。断水がくるかもしれないのですぐに風呂に水をためるよう指示...とblogを書いている今も震度4の地震が石狩、胆振で起こったようだ。まだまだ安心出来ない。結局断水はなかったけど停電は36時間。親戚は未だ電気がきていない。これが冬じゃなくて本当に良かったけど、今後もしかしたらありえるかもしれない。実家はオール電化。今年立て直して耐震になっていたので物が倒れるとかもなかったし、本当に運が良かったと思います。今でさえこんなに被害が大きいのに対策できるのだろうか。。冬に車で寝過ごしただけで凍死する世界。たかが電気、と言われているけど生きるために欠かせないね。言うだけなら本当に簡単。電気が来ず透析が出来ない人たちがいる一方で電気がきたパチンコ屋がフル稼働してるという。無関係なのか?

今回の地震で亡くした人も家もいっぱい。TVの向こうで起こった事が現実になったと家族は言う。遠い所にいる私は実感は持てない。本当に自分に甘くて"一人取り残されてしまう"事に怯えている。情けない。何一つ助ける事も出来なければ、貯金もなく時給1200円で毎日生きるのに必死。こんなんなる為に上京したわけではなかったのに、とかバカか。先日受けた面接で「札幌に帰る事はありません」と言い切ったが本当にそうなのか?本当に今年は先を見据えて考える事が考えさせられる事が沢山あって、ハードモードです。