outword

f:id:kisd_6:20160510162240j:plain

本当に現金なもので栃木は訪れる度に好きになる。好きな人たちが住んでいる。それだけの理由で。いつものカフェに行って、かぼちゃプリンとカフェラテを頼む。ゆったり流れる時間にホッとする。片道2時間なんてどうってことなくなる。何度だって来たい。なるべくなら、ここにはひとりで。なんの繋がりもないこの土地で、自分にとって特別な場所になる事だってあるんだから人生は楽しい。なんて大袈裟な事も言えるようになる。

地元から音楽友達がきて、LIVEをみて、喋って笑って酒を飲んで本当に本当に楽しくて地元ロス。嬉しい楽しいが大きすぎる分、自分の環境ややりたい事が出来ていないストレスが本当に凄くて、ひとりの時間が悲しくなってた。けれども自分じゃどうしようも出来ない事を自分じゃない誰かがサラッと解決してくれたりするもんで。人はひとりで生きてるんじゃないっていうのはこういう事か...と唸ったね。やっぱり好きという気持ちは大きい。揺さぶられてしまう。これがなければ人類皆平和。タモリさんのいう通り。それからはまたひとりの時間に安心している。私には私のやりたい事がある。

目当てのLIVEはやっぱり行ってよかった。ロングセットで聴きたい曲も聴けた。知らない曲もあった。緊張もあったのか調子が悪そうだったけどそんな事は関係なかった。ボルテージ高まるにつれ、スティック折れたの見て超興奮....!やっぱりドラムが好きで、このドラマーが最高。でも今度からなるべく後ろで見たい。今回も後ろではあったけど顔が丁度見える所にいたから、ファン心理でいま目が合った!と思うとドギマギするよ...。いつまで経っても慣れない。何故なら好きすぎるから。簡単だね...。